自分に自信が持てないを解消する2つの方法

世の中には、自信満々で生きている人もいれば、なかなか自信を持てずに生きている人もいます。

ほとんどの人は何かしら自分に自信が持てず、人生を送っているのではないかと思います。

自信が持てない人はなぜ、自信が持てないのか。

今回は、自分に自信を持ちたいと思っているあなたに、なぜ自信が持てないのか、自信を持つための2つの方法というテーマについてご紹介させていただきます。

なぜ自分に自信が持てないのか

まず、自分に自信が持てない人の特徴として、自分自身のマイナス面ばかりを探して、それに対して自己否定することから始めてしまいます。

そして常に人と比べることをしてしまい、人の言動、行動にも注視するようになり、ありがちなのが、人に流されやすい傾向があります。

また、自分の等身大を受け入れずに、理想を追い求めてしまうがために、それと比べると自分はダメだなと思い込み精神的にも萎縮してしまいます。

自分に自信が持てないとどうしても物事に対してもネガティブに捉えてしまい、常にマイナス思考が心の中に棲みつくことで、ますます自信が持てないスパイラルから抜け出せないため、自信を持つ事と疎遠になってしまうのです。

では、どのようにすれば自信を持てるようになるのでしょうか。

 

自信を持つための2つの方法

その1 成功体験を積み重ねる

まずは、等身大の自分自身を肯定し、今日1日であったこと1つ1つについて昨日よりも今日、今日よりも明日という風に成長している自分を作り出す事で、成功体験として、心の中に蓄積され、自信へと繋がっていけるのです。

それはどんなことでも良いのです。

昨日より、早く起きられた、昨日より早く仕事をこなせた等で自分自身が成長していると感じることで、自信という器が大きくなっていくのです。

その2 目標を掲げてどんな形でもやり遂げる

自信を持てない人がやりがちなのが、物事に対して、中途半端で諦めてしまい、そこで、自分はダメだと自己否定をし、ますます自信を持てなくなってしまうことなので、まずは目標を決めて、それに向けてブレずにどんな形でもやり遂げることを実行してみてください。

これも成功体験には繋がりますが、やり遂げることで、自分は出来るじゃないかと心の中にインプットされることで、自信の器にエネルギーが溜まっていきます。

ここが、自信を持てている人ともてていない人との違いとして大きく現れてくるのです。

自分に自信を持っている人は必ずや、成功体験を積み重ねて自信という鎧をまとっています。

また、大事な事として、自信を持つためには、周りに流されない、周りの声を気にしない、ブレないといった心構えも必要になってきます。

これは決して周りと一線を引き交わらないということを言っているわけではありません。

自分の芯はしっかり持っていなさいという事なのです。

1つ1つ積み重ねることによって、物事に対する捉え方にも変化が生じ、いつしかあなたも自信を持てる人の仲間入りができていることでしょう。

 

まとめ

自分に自信が持てない人には、必ず決まった特徴があります。

まずはその特徴を理解し、自信を持てる人への変換をはかっていきましょう。

そのためには2つの方法である、成功体験を積み重ねる、目標を掲げてどんな形でもやり遂げる事で、自信を持っている人へ切り替えができていきます。

捉え方にも変化が生まれ、自分の成長にも繋がります。

もし自信が持てる自分になりたいと思っているのであれば、ぜひ試してみてください。