人付き合いが苦手な人へ、今すぐ出来る3つの克服法

人に無理に合わせたり、気を遣ったり、どうも自分は人付き合いが苦手だと思っている人は、結構多いですよね。

人付き合いが苦手な人ほど、会話をすることに抵抗感があって、自分を出せないという面を持っています。

ただ、生活していく上で、仕事上でも友人関係でも人付き合いは、残念ながら避けて通ることが出来ません。

そんな人付き合いが苦手で悩んでいるあなたに、今回は克服法をご紹介していきたいと思います。

 

人付き合いが苦手な人の特徴

特徴①コミュニケーションをとるのが苦手

普段よりどちらかというと消極的で、よほど気心のしれている人でなければ自分から話しかける事はせず、コミュニケーションをあまり取りたくないと思っている傾向が強いのが人付き合いが苦手な人の特徴といえます。

何を話したら良いのか、相手から話しかけられた時にどう返答すれば良いのか悩んでしまい、自分でコミュケーションをとる事を難しくさせてしまっている為、結果としてコミュニケーションを自らとることにブレーキをかけてしまっているのです。

特徴②周りを気にしすぎてしまっている

自ら話しかけることが難しい為、常に受け身でいることが多い傾向があります。

出来るだけ周りの人に嫌われたくないという感情も強く持っている為、常に周りが自分をどう思っているのだろうと気になってしまい、自分の言いたいことが言えず、結局周りに流されてしまっているのです。

それがストレスになり、人付き合いは出来るだけしたくないという結論に至ってしまい苦手意識を植え付けてしまっているのです。

特徴③心配性である

まだ起こってもいない事に対し、心配性であるがゆえ、「あーなったらどうしよう」「こうなるんじゃないか」が先行し、自分から話をすることが出来ず、人と接することで、トラブルが発生するかもしれないなら最初から接するのを拒んでしまい、それが人付き合いを苦手としてしまっているのです。

 

人付き合いが苦手になってしまった原因

原因①幼少期からネガティブ思考であり、内向的であった

人付き合いを苦手とさせてしまっている原因として、幼少期にネガティブな経験や嫌なことを受けた事に対して、内向的になってしまい、それがトラウマとなって抜け出せず、積極性を失わせてしまっているのです。

幼少期は性格形成に重要な時期であり、あなたも覚えがあるかと思いますが、幼少期に受けた嫌な経験や感情が大人になっても鮮明に心に残っているという事はありますよね。

誰しもが経験することではありますが、その経験を深く受け止めてしまう人がネガティブ思考や内向的になってしまい、それが人付き合いに対しても閉鎖的な面がでて、苦手意識をますます助長させてしまっているのです。

原因②話すことが苦手

人付き合いが苦手な人ほど受け身になりがちな為、いざ自分が話を切り出そうとすると、自分の中で完璧な返答をしなければいけないという意識が働き、結局思い描いた自分が出せず、落ち込み、話をすること自体にブレーキをかけてしまいます。

普段のコミュニケーション不足からこの様な自体を招いてしまっているのです。

また、自分に自信がないことも原因としてあげられ、何を話せば良いのだろうとそれがプレッシャーとなり、話をするのが苦手、結局、人付き合い自体が苦手といった状況を産んでしまうのです。

 

今すぐ出来る克服法とは

克服法①聞き上手になる

人付き合いが苦手な人ほど、自分から話をする事に抵抗感を持っている為、無理に考えすぎてプレッシャーに押しつぶされるよりは、まずは、人との距離を縮めるために聞き上手になりましょう。

どんな人でも、共感を得られる事で、距離が縮まり付き合いづらさは解消さえていきますので、相手の話をしっかりと聞くという行動を取るようにしましょう。

しかし、ただ聞いていれば良いといわけではありません。

しっかりと相手の内容を理解する事、その中で共感できる部分は大いに共感する事、その事によって、相手があなたに対してより親近感を抱くようになり、それがあなたにも伝わり、接しやすくなっていくはずです。

克服法②自分を出せる人と多くの時間を過ごす

まずは、人との距離を縮めていく事が大事で、その距離の縮め方をいち早くマスターしやすいのが、普段あなたが「この人といると自分を出せる」「気を遣いすぎる事がない」と思える人と一緒にいる事なのです。

慣れというのは非常に大事で、人付き合いの苦手な人ほど、相手のことをあれこれ考えすぎで、距離を縮めるのに苦労した結果、苦手という判断を下してしまっているのです。

普段自分が出せる人と一緒にいることで、あれこれ考えず自分を出せることの楽しさ、嬉しさを十分感じとり、なぜこの人といると自分を出せるのかの分析することで、人付き合いに対して自分なりの接し方をマスターしていけるのです。

克服法③今の自分を受け入れる

理想の自分を追い求める事は非常に素晴らしいことではありますが、まずは理想の自分を捨てて、今の自分を受け止めることから始めましょう。

自分自身を理解してあげることで、自分への過度なプレッシャーはなくなり、人付き合いについてはどんな人でも多少なりの苦手意識は持っているものであることを理解しましょう。

自分を受け入れることで、客観的に自分を見つめ直すことができ、人付き合いを苦手にしているものが見えてくるはずですので、そこに向けて対策を取る事で、苦手意識を払拭できるはずです。

 

まとめ

人付き合いは人が生活していく上で避けて通れないものです。

しかし、苦手としている原因を知る事で、対策を取る事は可能になります。

もし、人付き合いの難しさを今感じているのなら、自己分析をしっかりした上で、上記方法を試してみてください。