気を遣いすぎる性格を改善したい!今すぐ取り入れたい3つの 克服法

周りの人につい気を遣いすぎて自分自身が疲れてしまっている人は意外と多いものです。

頭では解ってはいて、次こそは気を遣いすぎる事はやめようと思ってもいざとなるとやっぱり気を遣いすぎてしまう。

そんな時、気を遣いすぎる自分が変えられたらと幾度と思う事があったはず・・・

そこで今回は、つい気を遣いすぎてしまう事に悩んでいる人に、改善のために、気を遣いすぎてしまう心理から紐解き、今すぐ取り入れたい3つの克服法についてご紹介していきたいと思います。

 

なぜ気を遣いすぎてしまうのかその心理とは

心理①周りの目が気になる

何をするにおいても、まず周りはどうするのか、自分だけが変な事をしてしまっていないかと周りの目を気にしすぎてしまう傾向があります。

周りの様子を冷静に見る事自体は、むしろ素晴らしい事なのですが、周りの目を気にしすぎてしまうがあまり、周りの人を優先するのが一番であるという思考に移り、それが気を遣いすぎてしまうという心理に繋がってしまっているのです。

心理②周りから嫌われたくない

気を遣いすぎてしまう人に多いのが、人一倍人からの評価を気にし、嫌われる、距離を置かれるという事を非常に嫌がり、嫌われるのを避けるために、周りの人に出来るだけ合わせるという事が、結局は気を遣いすぎる事に繋がっているのです。

孤立するのが非常に怖いという心理が働くことによって、気を遣うという行動をとっているのです。

心理③心配性である

普段から、些細な事も気になり、ネガティブ思考な傾向があります。

もしこうなったらどうしようとか、過去のマイナス経験ばかりを引き合いに出し、また未だ起こっていない事に対しても不安を感じ、心配でしょうがない気持ちが人に対して気を遣いすぎてしまう行動を助長してしまうのです。

心理④自分を表に出せない、自信がない

気を遣いすぎてしまう人は、何か自分で思う事があっても自己表現することはせず、周りに流されてる事が当たり前という心理になっています。

それは自分に自信がないために起こる事で、周りの意見に同調していればとりあえず安心という心理状態から自分を極力出さない行動を取りがちなのです。

心理⑤優柔不断である

気を遣いすぎてしまう人は、責任を問われたり、失敗することをひどく嫌う為、もし仮に自分が決めた事で周りに迷惑をかけたらどうしようという思いが常に頭にある為、物事に対して、優柔不断で相手任せを選択するので、気を遣いすぎるという行動に繋がってしまうのです。

ではこのように気を遣いすぎてしまう心理の元になっているものは何なのでしょうか。

 

気を遣いすぎてしまう元となるもの

原因①過去の失敗経験が頭の中から離れない

人は誰しも良い経験よりも悪い経験の方が深く頭に残っているものです。

過去に失敗や挫折を経験したことで、その事が深く心に残り、また同じ経験はしたくないという思いから、できるだけ周りに合わせてしまう行動が習慣化してしまっているのです。

原因②幼少期からの家庭環境によるもの

幼少期に親から、あまり自己主張をさせてもらえない環境であったりすると、人に合わせておく事が正解という生き方になってしまい、自分を押さえつけることで、結局気を遣いすぎる行動が習慣化してしまっているのです。

それらを踏まえた上で、今すぐ取り入れたい克服法についてご紹介していきます。

 

今すぐ取り入れたい3つの克服法とは

克服法①自分軸で物事を考え行動してみる

気を遣いすぎる人は、周りを優先して行動する習慣がある為、まずはその周り優先主義を断ち切りましょう。

その為には、まず自分軸で物事を考えることをしていきましょう。

自分軸とは、まず自分はどうしたいのか、どう言いたいのかをはっきりさせ、それを優先して表現していくことです。

何も常に周りに対して意義を唱えろと言っているわけではありません。

自分だったらこうしたいと思っていた感情を解放してあげれば良いのです。

克服法②思い込みを外す

自分は昔から気を遣いすぎる性格だからとか、今更変えられるわけがないというマイナスな思い込みを今こそ外しましょう

初めは誰でも今までの意識を変える事に戸惑うかもしれません。

ただ、考えていても将来の自分は何も変わっていきません

気を遣いすぎる性格を変えたいと思っている今こそ一歩前に進んで行動してみましょう。

行動することで、自分でも知らなかった部分を見つけられるはずです。

③受け入れるだけではなく断る勇気を持つ

どうしても自信がない為に、周りを優先し、受け入れる事が日常化しているので、自分を変えるんだという強い気持ちを作り出す為にも、自分では違うなと思うときは断る勇気を持ちましょう。

周りに流されるだけではなく、自分をしっかり持って自信をつけていきましょう。

断ることは別に悪いことではありません。

自己表現の一つです。

気を遣いすぎる性格から自分を解放してあげるんだという強い意識を持ちましょう。

 

まとめ

気を遣いすぎてしまうと自分自身も疲れますし、苦労ばかりが募ります。

より良い人生を送っていく為にも、気にしすぎる性格からさよならしていきましょう。

この記事を読んでいただいているあなたなら大丈夫、必ず変わっていけます。

もっと気持ちを楽に人生を楽しんでいきましょう。